PRODUCT

SIGNPOST _ PRODUCT

Design for the casing of a self checkout machine

まさにワンダーな次世代レジスター

 

昨今、無人レジの開発とその試験的導入がニュースになっていますが、その根幹にあるものは、人材不足にあります。

コンビニエンスストアなど、求人を出してもなかなか応募がない。パートで働く人ひとりへの負担が大きくなっています。そのような中、金融業界等でのコンサルティング業務で実績を積んでこられたサインポスト株式会社が、イノベーション事業としてAI搭載のセルフレジの開発に取り組むことになりました。わたしたちアエテは、このセルフレジの筐体のデザインを担当いたしました。

セルフレジの仕組みですが、まず、お店で販売されている商品を事前に画像として登録しておきます。セルフレジに取り付けられたカメラで、並べられた商品を瞬時に識別し、合計金額をモニタへ表示する仕組みとなっています。

システム上、セルフレジは屋根のついた箱の形にしなければなりませんでした。まず、私たちが筐体をデザインする上で行ったことは、異なる身長のお客様からきちんと商品が見えるか、そして商品の取り出しがスムーズに行えるか、ダンボールを使い検証しました。すると商品をレジから取り出すときに屋根が邪魔になることわかりました。そうして最終的に本体手前のこぐちは斜めにカットされたようなデザインになりました。

その他にも、マシン状況を外へ知らせるLEDライトや排熱処理、本体内部への容易なアクセスなど、いくつもの課題をキレイにまとめることができました。実際の店舗での運用には、まだまだ解決すべく点はあり、今後も改善を続くけていく必要はありますが、まずは1stステップとして世の中に新しい価値をうみ出せたと自負しております。今後ともサインポスト様と開発を続くけていきたいと考えています。

  • CLIENT

    サインポスト株式会社

  • URL

    https://signpost1.com

  • COMPANY PROFILE

    カード業界等、金融業界全般に向けたコンサルティング業務

  • PROJECT

    ワンダーレジ(1stモデル)世界初、AI搭載セルフレジ

  • DATE

    MAY 2018